貢也大全


鈴木コウヤの取扱説明書
by koyasuzuki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

キープゴーイング!!

大好きな女優さん大地輪子さんと、自称舞台女優ミドリちゃんの主催するユニット女王陛下の公演「GREYHOUND'88」を観に行ってまいりました

毎回毎回ボクのみならず集まった観客の肝を抜かしてくれる女王陛下の今回のお話は・・・

様々な夢を抱いてグレイハウンドバスに乗り込んだ乗客たちの、其々の過去と現実と未来の夢を描いたキッチュでゴージャスなコメディミステリーミュージカル。
(当日パンフレットより)



なんでもミドリちゃんの実体験を基に描かれているらしい、なんとも珍妙なこのお話は、10年前に上演されている作品なのですが、ボクは初見
非常にワクワクで拝見したのですが、そのボクの想定をまた遥かに越える珍妙ぶりで、今回も大変ご馳走さまでした!!



大地さんの可愛らしさはモチロンですが、ミドリちゃんの不気味さ(モチロン良い意味よ)と、コースケ(ハラスメント)くんの小気味良い立ち居振る舞いと、なんと言ってもボク、伊藤真奈美さん!好きだわ〜!!
スッとぼけてシラリと下ネタを下品じゃなくできる美人さんは、もう真似の出来ない、神様があたえた才能で、面白さ通り越して、恨めしく思えるほどです
そこまでミステリー芝居してそのオチ?!というヘナヘナさせ具合で、ここ1年で一番笑ったかもしれません




ミドリちゃんの描く脚本は、ああ!それそれ!そういうことなんだよね!!っていうあるあるポイントをいちいち突いて来て、ボクがもし脚本家だったら、これはもしかしたら演劇のルール的にはアウトなんじゃね?とか、これ書いて収拾つくのか?とか思ってしまう、いわゆるタブー的なことをどんどん破ってくれます

実際にそれを話題にしたことはありませんが、「何であんなに簡単にあんなこと描けちゃうの?」って聞いたら、「だって掻きたかったんだもーん!面白いじゃん」とか笑ってかわされそう


実際にあの2時間のお話をヒリ出すには、それはそれは大変な努力があったのでしょうが、それを一切感じさせない自由さ
でもでもよくよく考えてみるとそれぞれが実は緻密に計算されていて、後々に効いてきてる

ちょっと山内ケンジさんの脚本に似ています




大好きな山内さんの脚本も、突拍子の無いことを登場人物が喋っているように見えて実はスゴい絡み合っていて、後で考えると結構重かったりするのですが、その場では、超くだらないことを真剣にやっている大人たちって感じがします
その様がとてもとても巧妙で、・・・あああ、書いているうちにまた出演したくなって来た・・とにかく、シラリとスゴい面白いことをやっている感じ、その外郭は同じで、中身と造りが違うっていうか・・あああ、自分の文才の無さにふがいなさを感じますが、とにかくとにかく、・・似てる


で、どっちも大好き








終演後、大地さんとパシャリしましょうと、ロビーで待ち構えていると、ミドリちゃんが話しかけて来てくれました
「10年前の作品だから、トッチらかっちゃって・・若いわあって感じ?」・・的なことを仰ってたのですが、いやいや、それが面白いんだって!!って伝えたくて、「いやホント全然、超素晴らしかったよ!!マジで!!」と申し上げたんですが、なんか、自分の表現力の無さに、陳腐なコメント臭ムンムン
真意が伝わったか非常に不安を残す結果となってしまいました




大勢のお客さまに囲まれて、いつもながら実に器用にそれぞれの方に万遍に笑顔で謝意を伝えている大地さんを強引につかまえてパシャリ


b0164697_1211358.jpg


(冒頭の、今回の女王陛下の舞台の概要の文から、大地さんのこの扮装が想像できた方は、かなりの女王陛下ツウです)




さっきミドリちゃんに伝えきれなかったことを!と思って、どれだけ面白かったかアピールしたのですが、「いやホント!全然、超素晴らしかったよ!マジで!!」と、先ほどの文言のアクセントのつけ方が違うだけのコメントになってしまい、且つ勢いがつきすぎて、若干大地さんも引き気味




帰り道、やっぱりトンカツが食べたくなり(ご覧になった方はお分かりね?)いつもの例の渋谷店に行きひとり反省会
どう言えば伝わったんだろう・・・




いつものヒレカツご飯を食い終わる頃、ああ、シンプルに、
「つらぬいて!!」
って言えば良かったんじゃね?という答えを導き出したのした









ちなみに、いつも思うことなのですが、女王陛下の舞台の力の入れ具合って、衣装/メイクに集中していて、セットってどうしてもチープな感じがします
そしてそのアンバランスな感じがまた魅力です



ああ、出たいなあ!!




でもでも待って!その前に!!!




ボクが出演いたします舞台ももう今月の末から始まります!!

SAKASU ZAKASU 公演
「きのうみたゆめ」
演出/鈴木裕美  作/松坂早苗




大地さんたちに負けないよう魅力的な作品にすべく、ただいま絶好調稽古中です!!



ぜひぜひお越しいただけたらと存じます


で、チケットのお申し込みは、コチラから承っております




よろしくお願いいたします!!
[PR]
# by koyasuzuki | 2013-08-07 12:02 | 舞台/ライブ

うなぎトラップ

さてさて、日に日に暑さが強くなってまいりまして、いよいよ夏本番だなあとげんなりするこのごろ、ちょっと精のつくものを喰いましょうと、近所のコンビニに食料を仕入れにいってまいりました


深夜2時を過ぎておりまして、次の品物入荷前らしく、弁当/お惣菜のコーナーは、開店ガラガラ状態です(使い方あってる?)


牛乳だけ買って、近くに最近長い休業から復活したお弁当屋に河岸をかえようと思って、ふとラックの横をみると、うな重がぽつねんと置いてありました


どなたかが、うな重と一緒に飲み物を買おうと思って、飲み物コーナーまで持って来たが、うな重をそこに置いて飲み物を手にし、そのまま飲み物だけを会計して帰ってしまったのでしょう



・・・ボクもしばしばやってしまいますので、十中百九そうだと思うのですが、もしかしたら、どなたかが、ほか商品も吟味中で、たまたまそこにうな重を一時的に置いておいたのかもしれません


「あのノッポ横取りしやがった!!」と思われないために、一応店内を見回してみますが、客はボクひとり(その店舗はトイレを貸し出していないのでラッキーなことにチェック不要)と、たばこコーナーを整理中の店員さんがひとり
絶対置き忘れであろう



横取りしたと思わせないために一度うな重を持ってお弁当/お惣菜コーナーを迂回してレジに向かいます
・・・間に値段をチェック(最近うなぎは高いですからね)


780円?!


・・・高い・・けど、性を、・・いえ精を付けるためだ!と自分に言い聞かせ、「お願いします」とたばこを箱から出している店員さんに、会計を頼みます
「お待たせいたしました!!」と深夜にも関わらず快活に応じてくれた店員さん(その店舗はどの店員さんも大変素晴らしい接客能力を持っています)、うな重に機械をピッとかざしまして、「1780円です!」と快活に金を要求します



え?!
せ、せん・・なな・・


え?!



「あれ?780・・・」・・円って値札には書いてありますけど!ということを言いたそうな表情をしていたのでしょう
b0164697_11153087.jpg

↑(再現)
彼は「察しましたよ、お客さま」という顔をして、ボクが値段だと思っていた成分表等が書かれた箇所を指し示し、「ああ、これカロリーです」と快活に教えてくださったのです




「ああ・・!」・・・ですよね!わかってましたよ、モチロン!!という表情を顔に貼付け、疾風のような早さで財布の中の現在所持金をチェックします

2000円

足ります



もちろん、わかってましたヅラしてペラリと2枚のお札を出しましたところ、店員さんは、「あの・・いまコレお買い上げの方にはコチラをおつけしております」と、まるで「これで勘弁してくださいお客さま」と言い出しそうな表情で、飲むとメタボ体型にはならずに済む的なお茶をかざします


もちろん、とても嬉しかったですが、焼け石に水だわさ・・と心の中でついつぶやいてしまいました





帰宅してさっそく1780円のうな重を袋から出してよく見てみますと、やっぱり通常値段が記載されていると思われる位置にカロリー表示があり、別の場所に値段だけ印字されたシールが貼られていました・・・






値段だけのことはあるとても美味なウナギでしたが、ちょっぴりしょっぱかったです


なみだ味




ちなみに、牛乳を買い忘れたことに気づいたのは翌朝でした


・・買えてなかったかもしれませんが・・(所持小銭次第)





ちなみにちなみに、そんな相変わらず抜け作な人生を送っております中、芝居に出まーす!!

SAKASU ZAKASU 公演
「きのうみたゆめ」
演出/鈴木裕美  作/松坂早苗





これから稽古も始まりますが、初めてご一緒する方ばかりでとても楽しみです!


夏バテしないよう、精のつくものをウマく摂取して、乗り切ろうと思います!!






ちなみにちなみに、ちなみに、チケットのお求めはコチラから、よろしくお願いいたします!!
[PR]
# by koyasuzuki | 2013-07-27 11:15 | 日記

長前振り

韓国ドラマ「家門の栄光」を観ました(ビデオで)



家族の絆や名家の伝統の在り方がテーマの全54話だったのですが、多くの登場人物がはじめはバラバラに他人として描かれていたものが佳境には複雑に絡み合っていって、それがそんなに不自然ではなくて、どんどん引き込まれていくのと同時に、ふと鑑みますと「なんでこんなに躍起になって人の家の顛末を覗き観ているんだろう?」と思ってしまった不思議なドラマでした


一見平凡と思われるエピソードのシークエンスで、時々なんだか飽きてしまって2倍速にして見たりした回もあったのですが、その一見平凡と思われるエピソードはよくよく考えてみますと実は全く平凡ではない、実に曲者ドラマ


ウィッキーさんによりますと、
「登場人部の描写とその基盤となる多彩なエピソード群、そして無駄な刺激を排した構成により、”無公害ドラマ”、”名作ドラマ”との評価を得た」
とあります



確かに「名作」ドラマだとは思ったのですが、はて「無公害」か?と思わせるエピソードが満載です



その「無公害」エピソードは枚挙にいとまが無いのですが、まず一家の次男が不倫中に姦通罪で警察に捕まるところから物語が始まります
長男は妻の不倫が原因で離婚
二人の妹は夫を不慮の事故で亡くしておりそれが原因で心を閉ざしてしまっています
妹は大学の准教授をしているのですが、亡夫そっくりの生徒に特別な感情を抱きつつあり、その生徒を思う女生徒が彼をストーキングしています
女生徒の家は廃品回収業者から成り上がった金持ちで、家長は幼かった頃の貧しい生活にリベンジすべく金儲けに躍起になっていて、息子にすべての人を敵と思えと教育しています
その息子は前述の准教授と結託して妹を男子生徒から離れさせるためにふたりは恋人同士だという芝居を打ちますが、だんだんホントに好きになっていき、結婚しようってことになります
同時に准教授の実家が経営する会社の乗っ取り工作をしていて、お互いの家族は二人の交際に大反対(当たり前だ)されているところ、以前潰された会社の経営者の息子に殺されかけて瀕死の重体になります
殺しかけた犯人はそれでもトドメをさそうと再度襲いますがそれをかばった准教授も刺されてしまいます
二人はそれほど愛し合ってるんだったら結婚を許しましょうってことになるのですが、実は准教授の家長のおじいさんは、母親が強姦されて産まれて来たと言う出生の秘密を抱えていた・・・


・・盛り沢山です(端折りすぎですが)





公害レベルが日本のドラマとはやっぱり差異がありまして、それがまあ韓国ドラマの醍醐味であり面白さなのですが、その一見破天荒な設定の中に、家族の大切さとか、目上の人を敬う気持ちとか、とても大事な教えが描かれていて、一話観るごとになんだか有り難い説教を受けた時のような、ズズンと重い気持ちになってしまう回もありました




破天荒ストーリー+説教・・
54話が無事に終了しましたときには、もうヘトヘトでした
しばらく韓国ドラマはごちそうさまって感じです




・・とはいいつつも、またそのしばらくの後には、いつものように欲してしまうんだろうことは自明の理
そしてどんどん、少しの刺激では物足りなくなってしまった体を満足させる、さらに刺激的なドラマを求めてしまうのかと思うと、・・ちょっと怖いです





こーんな視聴者と同じように、韓国のドラマの関係者の方々は、非常にタイトな撮影スケジュールをこなしているのだそうです



この「家門の栄光」は、長期間のオンエアだったということプラス毎週土曜日と日曜日の週二回放送
メインの役者さんたちがどんどんヤツレていくのが見て取れて、ああ、大変そうだなあと思いますのと同時に、非常に羨ましく思います





ボクも頑張らなくては、と思い、強引ですが、ここに次に出演いたします芝居の告知をさせていただきたいと思います
はい、今までのお話は前振りです



SAKASU ZAKASU(サカスザカス)第3回公演
「きのうみたゆめ」
演出/鈴木裕美
作/松阪早苗


「家門の栄光」に負けないドラマをお魅せできたらと思います!





チラシにあります、ボクの写真

b0164697_1333872.jpg


かなりの気取りっぷりです






ぜひぜひお越しいただく思います


ちなみに、チケットのご予約は、こちらから承っております



よろしくお願いいたします!!
[PR]
# by koyasuzuki | 2013-07-05 13:36 | 映画・アニメ・海外ドラマ

おもしろい!くやしい!おもしろい!

少し前の話になりますが、大好きな山内ケンジさん作演出の、城山羊の会「効率の問題」を観に行ってまいりました

毎回毎回なのですが、「ああ、それそれ!ボクもそう思ってたけど、深く考えてなかった!そういえばそうだよね!」的なことをシラリと芝居にしてしまうそのセンス、とてもとても面白いのですが、ああ・ヤラれた!!みたいな悔しさも伴うこの感じ、今回もたっぷりと堪能いたしました


それはまず、芝居前に読む宣伝文から始まります
今回のは、
「例えば、わたしはあなたが嫌いで仕方がない。しかしこの仕事のために好きになる努力をしている。もし、仕事を一緒にしていなかったら、とっくにあなたを殺しているだろう、大げさに言えば。あなたはこの仕事のおかげでわたしに殺されずにすんでいるのだ、みたいなこと」
・・・とってもよくわかりません?この感じ
思ってたけど、具体的に深くは考えた事無かった!的なこと



舞台はとある会社 
多分広告代理店とか制作会社、とかマスコミ系の企業なのですが、そこにいる人たちの、いかに「仕事の効率を優先させるか」という至上命令のもと、人間が本来良しとされている判断基準からだんだんとずれていって、最終的には、「それ、効率を優先させすぎじゃね?」というところにまで到達する話です・・すごくザックリ言えば


出演しているのは、城山羊のいつもの見知ったメンバー、と、初めて拝見する何名か
冒頭から、金子(岳憲)くんがシラリ喋る山内節に、思わずニヤニヤしてこれから始まる2時間の非日常世界に没頭しようと前のめりになっていたのですが、ふと、何であそこにボクがいないんだろう・・と、いつもの悪い癖なのですが、面白い舞台を観たときに起き上がる、あああそこに立ちたい!欲がまたまた頭をもたげて来てしまったのです


とくに城山羊は、過去に出演させてもらったことがあるので、そのモタゲ感ったら半端じゃない
羨ましさ通り越して、もう悔しさ・・というより口惜しさが、素直に芝居を観る目を邪魔して、「あら?ちょっといま噛んだんじゃない?」なぞと意地悪にアラを探し出してしまう始末


あ〜あ・・こんなんだったいっそ来なきゃ良かったなあなんて思っておりましたのも束の間、社員が勢揃いして、上司のけい(石橋)ちゃんが登場したくらいから、もうやっぱり山内ワールドの虜になってしまっている自分を発見


口惜しさを100%忘れて、というのは嘘になりますが、20%くらいの状態で今回もとっても常識的な不条理世界を楽しむことが出来たのでありました





終演後、楽屋のオカちゃん(岡部たかし)をつかまえてパシャリ

b0164697_1047813.jpg



当日のパンフレットの山内さんの奥様のご挨拶によると今回も彼が演出をほとんど担当したそうですが、それは山内さんが本番前に精神的に病まれて入院してしまわれたからだそう



・・・どこまで本気なのかわかりません挨拶文に、笑っていいのかどうか迷いましたが、このスッとぼけ感、大好きだああとまた改めて山内好きを実感し、またぜひぜひ参加したいなあと、心から思ったのでした





ちなみに、オカちゃんから以前送られて来た写真

b0164697_10472523.jpg



・・なんの仕事してるんだろ
[PR]
# by koyasuzuki | 2013-06-27 10:47 | 舞台/ライブ

ふりむかないの

「ダブルス〜二人の刑事」に出演いたしました


ボクは今回、事件の容疑者が好きなアーティストのライブ会場の責任者で、会場で伊藤英明さんと坂口憲二さん扮する刑事二人を出迎える役回りだったのですが、入り口から会場内までをエスコートするだけでしたので、気づく人もあまりいないだろうと思っていたのですが、お気づきになった方が非常に多くてビックリ!!
同時に、さすが主演のおふたりは勿論、ほか出演者の皆さま、そして制作に携わるすべてのスタッフの皆さま、またメディアの力のおかげだと今回も痛感いたしました


皆さん口々に、「伊藤くんと坂口くん、どうだった?格好良かった?」と質問してきたのですが、迷わず「勿論!・・てか愚問!」とお応え申し上げました


実はボク、これまでの42年の人生の中で、劣等感を感じることはほぼ無いホントお気楽な人生を送って来た、いえ来てしまったのですが、ライブ会場で主演おふたりにお会いしたときに、「スイマセンでしたあああッ!!」とひれ伏すくらいの敗北感を感じたのです


一目見て白旗!!って感じ



おふたりは格好よいだけではなく、現場にいるスタッフさんへの心遣いは勿論、監督と「ダブルス」について実に前向きな話し合いをされている姿を見るだに、ああ、だから人気が衰える事無く第一線で活躍されているのだなあと痛感
フィギュアの優劣はともかく、物事に前向きに接するひたむきさは今日からでもマネできるなあと、非常に大きな活力を得ることができたのでした



どうもありがとうございました!!




さっそく、撮影が終わりました時点で、尾山台にあるオシャレ美容室に行き、チホちゃんに「格好よくして!」と注文
今回は、ちょっとカールをかけてもらいました



お気づきの方いらっしゃるかと思いますが、伊藤さんのマネしちゃった

b0164697_11172355.jpg



・・はい、いませんね



いやでもこれで内面だけでなく、外面も前向きに生活していける!と、実にまたポジティブ人生を送っております









ちなみに、よく考えてみたら、いままでもいろいろな現場で格好よい人とたくさん知り合う機会はあったはず・・いえ知り合って来たのにも関わらず、今回また衝撃の出会い


・・人間って前向きに生きていくために忘却と言う能力を身につけたって、どこかの何かに書いてあった気がします



最大限の忘却能力を日々酷使しているボク


大好きです
[PR]
# by koyasuzuki | 2013-06-11 11:17 | お仕事