貢也大全


鈴木コウヤの取扱説明書
by koyasuzuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

うれ、たの、いそがしい!

さてさて、少し時間が空いてしまいましたが、ミステリー・ザ・サード2014「マーダー・コミュニティ〜我らが街の悪夢」、事故無く(凄惨な事件は起こってしまいましたが)無事に終了いたしました!!

ご参加くださった名探偵の皆さま、本当に、本当にありがとうございました!!

今回のお話は、いつにもましてお客さまの「悔しい!!」という嬉しいお声をたくさんいただき、制作ともども大変嬉しく、また次につながる作品になりました

宝塚ではもっとパワーアップして、より多くの探偵の皆さまに悔しがっていただきたいと思います

乞うご期待!!


・・悔しいいわれて喜ぶのって、ミステリーに携わっている役者の、実に特殊な感情だと思います・・・はい


ご参加くださった割と多くのお客さまに、「貢也大全みてますよ」「サボらないでくださいね」って仰っていただき、超嬉しかったのですが、またこの体たらく・・


かわりに本家「貢也大全」(以前乾電池時代の劇団員ミズハに盗み見られた日記)の内容を転載しようと思ったのですが、とてもじゃないけど人にお見せできるようなシロモノじゃない、毒々しいものでしたので、謹んで自粛いたしました



マーダーコミュニティが終わって、映画監督のワークショップを受け(はい熊切監督と今泉監督の固めウチです)、とある映画の撮影に入っております
監督に直々にお誘いをいただいた作品で、超プレッシャーですが、とても有り難く、非常に楽しんで臨んでます


それ終わりですぐに今度は、ミステリーナイトWinter2015!!


ぱんぱんでひーひーですが、本当に有り難い
これも楽しんでいきたいと思います!!


お越しくださるお客さま、ぜひぜひお気をつけてお越しください!
お待ちしております!!




そんな中、お友だちから、とある映画で出演者を募集しているんで、コウヤ紹介していい?という非常に嬉しいお知らせがありました
そんな天から降ったような世迷いごと(使い方あってる?)、一生に何度もあることじゃありませんから、そりゃ二つ返事ですよ
共演者も蒼々たるメンバーです


「ただ、激しい濡れ場があって、まあまあイケメンが良いんだって」
「!う・うん・・でも、まあ、いいけど・・てか監督がボクで良いならぜひぜひって伝えて」
「わかった!ありがとうね」
「うううんん!!こちらこそ、本当に有難う!!」

濡れ場・・って、そんなん全然、良いよ
役者ですよ、こちとら
男だってやりますよ、何だったら
・・てな気概を持って、返事を待つことまる二日

「ゴメン、監督が求めてるのはタケノウチとかソリマチとか、あのラインなんだって!」
「・・・あ、うん、こちらこそ色々ありがとう」
「ごめんねー」
「ううん!また何かあったらよろしくね」
「うん!そのうち飲もうよ」
「もちろん」


・・残念ですが、前述のお誘いの、イケメン言われてた時点であれ?ボクで良いの?ってもっと確認するべきだったのかも・・否!!
人の好みは千差万別!!
監督の好みも千差万別!!
自分からチャンスを潰すことはありませんからね




役者なんてことを長く続けておりますと、とてもポジティブになるのです



・・・ポジティブになろうとするのです






ちなみに、撮影中の映画の現場から1枚

b0164697_1855525.jpg


共演の女優さんが撮ってくださいました

・・・何のお話なのやら、って感じです








ちなみに、ちなみに、
これから城山羊の会観に行ってきます

ああ、また悔しい気持ちに塗れるんだろうな・・
(出たくて)
[PR]
# by koyasuzuki | 2014-12-07 18:05 | お仕事

こんなんでも良い?

さてさて、ミステリーザサード新作「マーダー・コミュニティ〜我らが街の悪夢」が昨日開幕いたしまして、いつもようにいつものごとく、凄惨な事件が起こってしまいましたが、優秀な探偵の皆さまのご協力をもって無事2回の公演が終了いたしました!

b0164697_1843269.png


ご参加くださった代々木町地域にお住まいの住民の皆さま、誠にありがとうございました!!


今回は、だいだい商店街の今後の発展を願う住民のそれぞれの思惑の中で起きてしまった事件です

b0164697_18441987.png


今年で6回目のミステリーザサードで、毎回毎回初日があくまで「これ本当に成功するのか?」という不安な毎日を過ごし、ともすれば「中止になってしまえばいいのに」レベルにまで追いつめられてしまうのですが、いつものようにいつものごとく、ご参加の皆さまの見事な適応力、いえ演技力で、見事初日の2公演を終えることができました


1日お休みをはさみ、また明日2公演です


本日は、①洗濯したり②たまっているビデオを観たり、③友だちと飲みに行ったりと、予定満載だったのですが、いま先ほど起床してしまって(18:02)、①と③は、もうすでに気持ちが萎えてしまっています


②に関しては、これから朝ご飯(昼とおそらく夜も兼)を食べた後の自分のテンションを鑑みて判断しようと思います




そしてそのご飯ですが、最近ウチの近くにあることがわかった立ち食いの量り売りステーキのお店でちょっと贅沢にヒレステーキを食いに行ってまいります







明日お越しの代々木町付近にお住まいの住民の皆さま、ぜひお気をつけて住民集会にお越しください!!


お待ち申し上げております!!!








ちなみに、「貢也大全」またしてもまたしてもお久しブリーフなのですが、最近ありがたいことに、数カ所から「楽しみにしているのに更新しないの?」ですとか「生きているか心配になるから更新して」というご意見をいただきました(モチ後者の方が多数)



細々と書き連ねております駄文を心待ちにしてくださる人がいるなんて!と思い感涙しそうになりました



ありがとうございます
生死報告はするようにいたします







あ、感涙しそうになった、というのは、100パー感涙しなかったのではなく、感激はしたけれども涙を出すまでに至らなかった、という意味です


あ、いや、涙を出すまでに至らなかったのは、感涙レベルに達しなかったということではなく、レベルは達しているが、ボクの涙の供給量が足りなかったという意味です


あ、いや、いや、涙の供給量が減っているといういうことではなく、ボクの感動レベルが加齢で上がってきており、簡単に涙を出すまでに至らなかった・・のか?



要するに、感涙しそうになりました=涙は流さなかったけど感動した≠涙を出すまでではない、ということです





・・・却ってわかりづらいですね




ちなみにちなみに、夏からいままでの、大全に載せようかしらと思って撮っていた写真の何枚かをば・・



b0164697_18481918.jpg


b0164697_18483757.jpg


b0164697_18485217.jpg


b0164697_1849663.jpg




・・・注釈は、ま、不要ですよね
[PR]
# by koyasuzuki | 2014-11-02 18:50 | お仕事

もっとプレシャス

さてさて、何だかお久しブリーフな貢也大全ですが、本日、ちょっとそこまでお買い物をと思い立ちまして、愛車ボルティのところに行きましたら、


b0164697_1362592.jpg



こーんなチラシが後部座席に挟み込まれていました・・



はあああ?

b0164697_1323936.jpg



さんまんえーーーーん?!




曰く、
「お客さまの大切なバイクを3万円でお譲りいただけませんか?」
ですって



・・・彼に乗り始めてから15年は軽く経ちますけど、3万円って・・・
もしかしたら破格な査定額の提示なのかもしれないのですが、いやいや、それ以上の価値、アリアリです!!
・・いや、げすな話、もしも、うーん、・・30だったらお譲りすることをちょっと考えないでも無いですが・・いや、ごめんボルティちゃん!考えない考えない!




いやしかし、これを差し込んだ業者のかた、どういう心持ちでいらしたのか疑問です
よろこんで応じると思ったのか?
でしたらスミマセン、売りませんから!




ちなみに、彼の査定額を少しでも上げるべく、久しぶりにお掃除なんぞしてみましょう!と思い立ったのですが、たった今、すごい雨が降り始めてしまいました・・・
[PR]
# by koyasuzuki | 2014-07-04 13:06 | 日記

あっという間

さてさて、桜が咲いたと思いましたらあっという間に散り始めておりました今日このごろ
春めいたと思っていましたら、昨日なんか超寒くって、毎年こんなだったかなあ・・っておそらく毎年思い続けてるな・・って確か去年も思ったな、なんてことを考えていると無限ループに陥ってしまいそうです


ひとつ言えるのは、世の中とても便利/快適になってきましたので、敢えて「散歩でもしようかな」とか酔狂なことを思い立ちません限り、季節のうつろいを愛でる機会なぞ希有なことになってしまっているということ


ボクはそれでもどこかに出かける時は公共交通機関ではなくほぼいつもバイク(ボルティちゃん)なので、それでも外界の気温や景色の変化をまだ享受できている方だと思うのですが、お家から会社/学校まで、徒歩10分→バス15分→電車30分→徒歩5分→目的地、的な生活を送っている方々なぞは、24時間のうち外界に出ていられるのは15分×2(往復分)です
気づいたら「あらもう冬?いつの間に・・」みたいなことになっている(人もいらっしゃると思う)



そんな寒い昨日、近所の新宿中央公園で、尾山台にありますオシャレ美容室でまたまたオシャレな髪型にしてもらった帰り道のいつも行きますトンカツ屋さんでいつものひれかつ御飯を食べた後の帰り道に散歩しておりましたら、ホンットに寒い中大勢の花見客がへべれけで花見を楽しんでいらっしゃいました



中には半袖半ズボンで落ちてくる花びらをキャッチできるか?!的な一見するととても非生産的なことに興じていらっしゃる方がたもいて、一滴も酒を飲んでおりませんでしたボクは、非常にさめざめとした目で観察だけはしないようにしようと努めて通り過ぎたのですが、例年よりも桜ポイントにより密集しているように見受けられたのは、やはり皆さん、少しでも集まって、暖をとろうという無意識の行動に違いないと思ったのでした


ちなみに、チホちゃん施術前

b0164697_11171945.jpg


施術後

b0164697_11172429.jpg


のばそうと思ってたんですが、もう限界でした・・・



先週のちょうど今頃、ボクは宝塚で起こってしまった凄惨な事件のために宝塚ホテルに滞在しておりました


ご参加くださった名探偵の皆さま!
本当にお疲れさまでした!アーンドありがとうございました!!!


いつものごとくいつものように、起こってしまった事件を、名推理(迷推理のかたも)で解決くださって、また今回はイーピン企画リアル設定で、M3の周年パーティにお越しくださったファンのかた(という設定)でしたから、いつも以上に楽しんで臨むことができました



また、宝塚ホテルの皆さまにも本当にお世話になりまして、誠にありがとうございます!!
貴ホテルスタッフの、一緒になって盛り上げるぞ!!という気概と姿勢は、イベント成功の要因のみならず、こうやって仕事は楽しむものなんだというお手本にもなり、非常に勉強になりました!!


ありがとうございます!!



そしてそして、なんといっても創業88年経っても色褪せないホテルの素敵なムード
そこかしこにパシャリポイントがあり、フィルムがいくらあっても足りないくらいです


そんな中でも、やはりすみれの間の前にありますの控えの間で・・・

b0164697_1182670.jpg

b0164697_1184613.jpg

b0164697_1110982.jpg

b0164697_11112743.jpg


あとからチェックしましたら、↑こーんな写真しか撮れてませんでした



頼んだ相手が悪かった・・



今回は時間がなく、前回のように劇場に宝塚を観に行くことができませんでしたが、次回はなんとしてももっとタカラヅカを堪能すべくお邪魔いたしますので、その節にはどうぞよろしくお願いいたします!!









ちなみに、

b0164697_11145212.jpg


頼んだ相手



じゃれてます
[PR]
# by koyasuzuki | 2014-04-06 11:18 | お仕事

新競技

さてさて、春一番が吹きました
ようやく春の訪れです

ボクは最近まで、風速が強い+ちょっと暖かい、という公式の元に吹く風が春一番と思っていましたので、昨日のホントの春一番まで、大寒が過ぎたあたりから「これって春一番じゃね?」と思っていたのですが、いよいよ本命が登場したのです(心の中では春4番)


そんな中、毎週火曜日のお楽しみのテニスをしてまいりました


平日のしかも集まれるメンバーですので、相変わらず、「この人、いったい何を生業にして生きているのだろう・・?」と、友だちでなかったら絶対思ったであろう人たちと楽しいひとときを過ごして来たのですが、スンゴイ強風




テニスは基本屋外でやるスポーツですから、風や日光の影響を受けることは想定内なのですが、それにしても、のレベルの風速です
しかもビルの屋上にありますコートなので、風が舞う舞う



ふと空を見上げると、カラスが風に流されています




いつものようにアップをし始めたのですが、軽く打ち合うことがもう不可能
風下におりますと、ある程度本気レベルの打たないと相手に届かない
そして、・・もうお分かりですね、風上からですと、ちょっとラケットに当てただけでアッサリアウトです



これはもうアップではなくゲームをしましょうということになり早速始めたのですが、・・・まったく成り立たないのです



前述の通り、風下サイドからの攻撃は、思いっきり打ってもベースラインに届かないしヘタしたらネットも越えません
風上からはあっさりアウト
サーブのトスはどこに飛んで行くかわからないので、高く上げられずクイックサービスどころか羽子板のよう
ロブを上げたら上空でボールが変化し予測不能なところに落下する
ドロップボレーは自分のコートに落ちる(まあ吹いてなくてもままありますが・・)
ラリーもタイミングが合わずにいつも以上にヘボいショット続き・・
あげくの果てにはネットが倒れてしまいました



まったく面白くありません




もう帰ろうかという雰囲気に一瞬なったのですが、みなこのためにせっかく集まっておりますし、ほかにやることも無いし、飲み屋もまだ開いていない



倒れたネットをおこし、ダラダラと続けておったのですが、あら不思議、徐々にラリーが続くようになってきました
だんだん、風の具合を読めるようになってきたのです
風下から敢えて弱めにサーブを打って魔球を気取ってみたり、風上から超ボールを待って思いっきり叩いて超豪速球を打ってみたり、そういうスポーツだと思えば割と楽しい


とはいってもやはり自然相手ですから、予想していた風向きや風力ではなかったり、急に風が止んだりしますので、果てしなくアウトだったり、どんなに走っても届かないどころか相手のコートに戻ってしまったロブを打たれたり


いやこれは・・テニスに似た究極のエクストリームスポーツだよなあと思っているうちにだんだん面白くなって来て、終いには皆ゲラゲラ笑いながらプレーしている状態になったのです



いい歳をした大人が(35〜53歳)「あはははあはは」笑いながら予測不能なボールを、棒の先に網がついた道具で追いかけ走り回っている姿、とっても異様でしたが、「長く辛い冬を耐え忍んだ人びとが春の訪れを喜んでいる」と見えなくもない、と思い込み、TENNISではないKAZEというスポーツを存分に楽しんだのでした





一日経って、いつものテニス後とは明らかに違う箇所の筋肉痛を感じながら、このKAZE、新しいオリンピックの種目にどうよと思いかけたのですが、昨日の無様さを思い出し、アスリートたちに申し訳ない気持ちになったのでした







ちなみに、現場にケータイを持ち込まず、茶番テニスをパシャリできませんでしたので、先日、カラオケに帯同いたしました、これまた普段なにを生業に生きているのかわからないお友だちの写真をば・・

b0164697_10242268.jpg


れい子とテルミとコウヤ

女優+カメラマン+役者






ちなみにちなみに、来週末、宝塚で凄惨な事件が起こります
ご参加くださる名探偵のみなさま、ぜひぜひ、乞うご期待!!!
[PR]
# by koyasuzuki | 2014-03-19 10:22 | テニス