貢也大全


鈴木コウヤの取扱説明書
by koyasuzuki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

脳内変換

さてさて、またまた久しブリーフなのですが、今日ありました凄惨な事件の記録をば・・


先日、お友だちの女優さん岩松れい子さんに、「コウヤさん、今度この芝居観に行くの」と見せられたチラシ「遠き夏の日」
以前彼女が出演された舞台の再演で、演出が石田伸之さんです



石田さんは、ご自身のご病気のことを公表されていて、なお精力的に活動されている凄い方なのですが、副題「国を想う心、人を、家族を、恋人を想う心。」とありどうやら特攻隊のお話らしい
折も折ですし、これはぜひ観ておかなければと、チラシをよく見たら、知り合いの女優さんが出演されているではありませんか!




実はボク、彼女から本を借りて10年?もっとかな、返さずにいるのです


折りをみて「ああ返さなきゃ返さなきゃ」と思ってはいたのですが、・・10年(以上かも)・・


これは運命だと思い早速れい子さんにチケットをもう1枚お願いして当日に備えます


で、本日、深夜のバイトが終わって、11時の開演までちょっと時間があるので、朝ご飯を食べて劇場の向かいましょうと思ったら、カバンに返そうと思っていた本が入っていません
一度家に帰って劇場のある阿佐ヶ谷に行きますとれい子さんが付き合ってくださると待っていてくれました


バイクで一度家に帰って、バタバタと今度は電車で劇場に向かいました
蒸し暑く、バタバタで喉が渇いていたので、駅の近くの24時間やっている居酒屋でビールをいただきます
これから始まる物語に心躍らせて、れい子さんと暫し芝居談義
程よい時間になったので、差し入れを買って劇場に赴きました



開幕



舞台は特攻隊の出撃基地があった、九州の、九州の、ええと・・どこかの町です


そして知り合いの女優さんが登場されたのですが、・・・?・・あれ、ちょっと印象変わった?
おばあさんの役ですから、メーク衣装で印象が違って見えるのかしら?
いやはや、さすがは女優さんです
化ける化ける


話は進み、純粋に国を思い戦地に向かって行く隊員の、逆に颯爽とした姿と、おそらく帰っては来ない彼らを送り続ける女性達の姿に、とっても切ない気持ちになっていきます


後半、隊員の母親(義理の)が登場するのですが、どうやら先ほどのおばあさんをやっていた知り合いの女優さんが、別の役で登場された模様
あ、よかった・・10年(以上?)前の印象にちょっと近くなりました
やっぱり女優さん、扮装で全然印象が違うよねえ・・と感心しきりです


そして、女たちの願いは届かず、隊員達は帰ってくる事無く、印象深いシーンで物語が終わったのでした




カーテンコールにて、若手の役者陣が、役者さんを呼び込むのですが、ボクが同一人物が演じていると思ったふたつの役は、なんと、ふたりの女優さんが演じており、さきの、あまりに印象が違うと思った女優さんが知り合いの女優さんだったと判明いたしました

あれ?でもいま彼女、風祭ゆきさんって呼ばれてた・・?
風祭ゆきさん


会場大きな拍手なのですが、・・風祭ゆきさん??
あれ、えーとお、ボクの知り合いの女優さんは、風間水希さん・・
かざまつりゆきさん
かざまみきさん


・・・間違えた・・・?



出演されていた役者さんが客席にお客さんに挨拶をしにいらっしゃいました
風祭さんもいらっしゃいます
で、近くで拝見しても風間さんではありません
風間さんがメークで風祭さん風味になってい・・ない



・・間違え・・た・・?



念のため、風間さんを紹介してくれた乾電池同期山地に電話して確認します


「もしもし」
「あ、コウヤです」
「ああ!久しぶり!番号変わった?」
「ああ、そう変わったの」
「変わったのね」
「うん、てかさあ、山地が前に紹介してくれた女優さんでさあ、一回ボクお家にお邪魔してPCの修理した人、覚えてる?」
「ええ・・と・・」
「風祭ゆきさん、・・・じゃ・・ない・・よね」
「違う違う、風間水希さん!風祭さんは全然違うでしょ」
「だよねえ」
「・・」
「あ、ゴメンゴメンそれだけ!またね!!」
「お?ああ、これコウヤの番号ね?」
「そうそう!またねえ」
「ああ、おお」



字ツラにすると山地にも失礼ですね・・




重い差し入れを持ち帰りながら帰りの電車で、岩松さんに、「なんか逆に何かゴメンなさい、私が誘っちゃったせいだよね」という同情セリフを笑いされながら言われて、でも結構そういうとこアナタもありますよと心の中で思いながら、昔からこういった間違えは多々犯しているが、今回のは久々に大物だなあ・・と、我ながら呆れを通り越して、何だか愛おしくなってしまったのでした




ああ、それにしても、・・チケット代4500円、・・・差し入れと、飲み代・・


楽しかったから良いか
山地とも久しぶりに話せたし







ちなみに、お借りしていた、いえ、お借りしている本・・・






b0164697_14405911.jpg






ミキさん! 絶対に返しますから!
[PR]
by koyasuzuki | 2015-08-30 14:41 | 舞台/ライブ
いまのところグランドフィナーレ >>