貢也大全


鈴木コウヤの取扱説明書
by koyasuzuki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

わかっているのよ

さてさて、伸びてきて収拾がつかなくなった髪の毛をなんとかしてもらいに、アーンド人の手で頭皮を揉みしだいて欲しくて、例の尾山台にあるオシャレ美容室に行ってまいりました


髪の毛の長さもそうですが、赤っ茶けて何だか素行の悪い人みたいにみえてしまっている気がして、一刻も早くなんとかしてもらいたかったのですが、いざ到着して炭酸スパを施行してもらっている間、ご存知カリスマ美容師チホちゃんに何と注文したら良いものか、非常に悩みました


実は、正月に大成功をおさめましたミステリーウィンターでの髪型が、事務所の社長に好評で、「コウヤ髪伸ばしなよ!絶対良いよ!!」と言われておりまして、このまま伸ばそうかと思っていたのですが、元来ものぐさなもので、整髪料を使って形を整えるという作業がおっくうでしようがない
また、当然のことですが、道行く人は誰もボクの髪型なんて気にしたりなんかしたりしません
ほんの一握りの、レギュラーで会う機会のある人が、「コウヤ凄い寝癖だよ」とか「今日もまたすごいね、ハネっぷり」みたいな批評をしますぐらい


このまま伸ばすにあたって、体裁を整えてもらい髪の色を落ち着いたものにするか、それとも一度短くさっぱりと春っぽくしてみるか、あ、当初は韓流スターみたいにツーブロックのアシンメトリー(どういう髪の状態を指す言葉なのかイマイチわかってはおりませんが受け売りで)にしようか・・・



炭酸のパワーで毛穴に詰まった老廃物が洗い流されて、血行が良くなった頃、閃きました



髪はまた伸びる



ああ、大発見
もうすべてチホちゃんに任せよう



・・・いま、文字にしてみて、ちょっと間が抜けた発見のような気がしてきてしまいましたが、大丈夫、大発見です



いつものように女性週刊誌が積まれた席に通されて、チホちゃんに「今日はどうする?」と聞かれました
「100%お任せで」
「え?」
「もうチホちゃんが好きなようにボクを格好よくして」
「ええ?!良いの?」
「うん、お任せで」


・・これも字面にいたしますと、もしかしたら美容師が一番困る注文のような気がしてきてしまいましたが、彼女はさすがです「うんわかった」とチョキチョキ作業を始めたのです


ほどなく、「どう?」と可否を問われました
すべてお任せのつもりでしたのでどうもこうもないのですが、一応チェックしますと、前回施したパーマっけを残したオシャレヘヤーに成り上がっていました
成り上がる?・・ま、いいか
ただ、これは・・・

「ねえこれってさあ、やっぱここら辺(頭の角っこ)を抑えなきゃだよね」
「うん、こうやってクシャってしたら格好良くなるよ」
「セットしなきゃだよね・・」
「スズキさん、ここが(頭の角っこ)立っちゃうからねえ・・切っちゃう?」
「切っちゃうと変?」
「だいじょぶだよ、短くしちゃお」
「変じゃない?」
「だいじょぶ」


字面にしなきゃよかったと思うくらい面倒くさい客ですね
お任せはどこにいったって感じです


程なくお直し完了

「あ、・・いいねえ」
「うん・・いいよ」
「短いと落ち着くね」
「やっぱスズキさん、ここ(頭の角っこ)無いといいねえ」
「でもこれ、伸ばし始める前と結局一緒じゃない?」
「ここ(同)削るとね・・あ、でもパーマっけが残ってるからちょっと違うかな」
「ね、ちなみに事務所の社長に前髪伸ばしたら?って言われたんだけど、どうかな」
「スズキさんここ髪無いから、パックリ割れちゃうよ」
「変?」
「ウチの旦那さんもそうなんだけど、Mだからさあ」
「・・」
「あ!お正月に弟にあったらあの子もM字になってた」
「・・・」
「前髪全体に短くして、こう持ってきてるからスゴい髪の毛あるように見えるよ」
「・・うん」
「スゴい工夫してるんだよ〜」
「・・うん」
「じゃあ染めてくね!スズキさん明るい方が似合うから」
「あ、うん・・お任せで」



・・・・



程なく出来上がりました作品


b0164697_14294644.jpg



うん、素晴らしい




見事にMが隠れ・・・いや、認めない!
認めませんよ〜だ



ちなみに、施行中のパシャリ

b0164697_14303866.jpg


割とイケてます
[PR]
by koyasuzuki | 2015-01-18 14:30 | 日記
<< そりまちでした 忘却バー >>