貢也大全


鈴木コウヤの取扱説明書
by koyasuzuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

それは横山知枝さん

銀座の博品館劇場に、ミュージカル「タップ☆ジゴロ」を観にいってまいりました
おなじみ大地輪子さんに誘っていただいたのですが、ミュージカル好きなボクは行く前からアゲアゲ
超楽しみにしておりました演目です


超楽しみにしておりましたくせに、まったく事前調査をせずに本日(正確にはもう昨日ですが)大地さんにチラシを見せてもらいましたところ、・・・なんだか想像と違います
歌って踊ってタンタララン!的なことを勝手に妄想しておったのですが、そのような臭いがしてこないのです
何よりタイトルが「タップ☆(ほし)ジゴロ」で主演がHIDEBOHさんということになりますと、タップ中心になることは必至
想定していたいわゆるザ・ミュージカルとは趣が異なるはずです
いったいどんなショーが繰り広げられるのか・・?

そして共演の横山智佐さんって、確か「やまだかつてないWink」のさっちん役の人ではなかったか?
だとしたら逆にアガります

お!演出は三ツ矢雄二さん!

芋洗坂係長が飛び入り参加って・・・何?

え?三ツ矢さん急病で降板?


勝手に落ちたり上がったりをしておりますうちにいよいよ幕が開きました
そして、タイトルどおり、タップを踊るジゴロの話でした
HIDEBOHさん、圧巻です!
タップを見る目があるわけではモチロンありませんが、なんだかとてもキレが素晴らしい(ような気がいたします)
そしてとてもとても人を惹きつける表情をされます
まるでガッチャマンのベルグカッツェのように実に魅力的!
北野武監督が起用するはずです



タップひとつでお金を稼ぐジゴロの心を開く青森から出てきた歌手を目指す田舎娘に対して、「芸人たるものの心構え」を諭します
田舎娘は自分の夢を真摯に追い求め、アメリカに新天地を求めます
この「自分の夢を叶えることと挫折と現実との葛藤」的な主題は、ボクが芝居を始めたときから今の今まで、そしておそらく今後も持ち続けていくであろうテーマで、吐き出されるセリフのひとつひとつがいちいちズンズンと心に響き、かなりヘビーな内容でした
とくにジゴロのジョニー佐藤の一言、「サムシングエルスがなければプロとして認められない」はズドーンとキました


さらに出演されている方は、やはり歌も芝居も踊りもシラリとこなされていらっしゃって、「ああサムシングエルスぅ」と思ったのでした






ちなみに、田舎娘役の横山さんなのですが、やまかつのさっちんではなく、サクラ対戦のさくらを演じていた声優さんだ!と気づいたのは劇場のエレベータの中でした



・・・どちらの横山さんにも、大変な失礼をいたしました








ジョニーづらしてみました
b0164697_48870.jpg




いまいち、ですね
HIDEBOHさん、その溢れ出る自信、マネできません
[PR]
by koyasuzuki | 2010-03-26 04:08 | 舞台/ライブ
<< 多い日も安心 リーピン光線! >>