貢也大全


鈴木コウヤの取扱説明書
by koyasuzuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

同窓会

お友だち、長谷川千夏サンの芝居を観てきました
b0164697_13162367.jpg



小さな劇場での二人芝居の二本立て
副題には、
「邂逅った二人に愛はうまれるか・・・。」
とあります
「邂逅った」と書いて「であった」とルビがふられています
生まれようが生まれまいが全くどうでもいい、
と思うような1時間半でした

なにより、ライブハウスのように飲み物を注文させるシステム、
どうかと思います
狭い会場の中で、ちょっとふれたら倒れてしまうような机に、
ビールの入った頭の重いピルスナーグラスを置くのですが、
ちょっと足を組み替えようとしただけでガッチャンしてしまいそうで
気になって芝居どころじゃあありません
客席の作りはコの字型になっているので、
向かいの客が気になってしようがない
ちょうど対面のイケメンはこのワンドリンクのおかげで
深い眠りに落ちてしまっているし
(芝居のせいかもしれませんが)
ドリンク代500円をチケット代に上乗せしてしまえばいいのに
よろこんでお支払いいたします


幕間に無理を言ってパシャリ
b0164697_13103223.jpg


ボク(顔が飛んでしまっていますが)の隣から
長谷川千夏、山地健仁、青柳省吾
乾電池で同期で何度も共演した仲です
しかも同い年
あ、この写真を撮ってくれた同じく同期の新藤くんは
ひとつお兄さんです
こんな感じでみんな一同に会するのはとても久しぶりです



六本木の居酒屋でバラシ終わりの千夏を待ちつつ、
なぜ今回のカンパニーに参加することになることになったのか
ぜひ経緯を聞きたい!などと
先ほど見た芝居を肴に酒を飲みました
b0164697_13264551.jpg

手前右が新藤裕信くん
堅気の仕事をされていたのに、
最近また悪の演劇の世界に戻ってきました
ウェルカムバック

てかすんごいピンぼけですね、この写真
あの店員さんめ・・・



「でもあんな中でも千夏、良かったよね、澱みなくて」
と話しますと
山地も千夏良かったと思っていたらしく、
来年あたり、3人で久しぶりに芝居やろうか!
青柳、演出やりなよ!
などと非常に盛り上がりました
みなスケジュール帳などをみて、来年、6月くらいだったら
大丈夫だねと具体的な話をはじめましたところに千夏登場


ひとしきり
「どうしてこんなことになってしまったのか」疑問を解消した後に、
山地と3人で芝居やろうよという話を持ち掛けたところ、
「子供産むからダメ」
・・・・
相変わらず澱みありません千夏でした






ちなみに、
3月終わり、4月にかけてならまだ大丈夫との事、
その線で話を進めて参ります
乞うご期待!


ちなみにちなみに、
山地のブログ「まあ、しょうがない」
[PR]
by koyasuzuki | 2009-06-03 13:16 | 舞台/ライブ
<< 春眠 明日の糧 >>