貢也大全


鈴木コウヤの取扱説明書
by koyasuzuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ご意見・お問合せ・私信は

こちらまで


コウヤのプロフはこちら


E-Pin企画はこちら


ミステリーナイトって?


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
若い人が増えなくちゃ
from Anything Story
木村姉妹 Wiki
from 徒然雑記
冬季五輪
from Anything Story
ユーチューブ マイケルジ..
from 超最速ニュース!
マイケルジャクソン グッズ
from 知ったら得するニュース
マイケルジャクソン
from スポーツ 用品
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブーリン姉妹

鈴木家の姉妹の身内話が続いておりましたので、
閑話休題、イギリスはブーリン家の姉妹の話をここで一席

「ブーリン家の姉妹(The Other Boleyn Girl)」を見ました
ご存じ、エリザベス一世の生母、
アン・ブーリンとその妹メアリーのお話です
稀代の悪女とも言われるアンとその妹の愛憎物語
なおかつ美人女優さんのコスチュームプレイとあっては
見逃すわけにいかないと思っていたのですが、
さっくり見逃し、これもまたビデオで鑑賞いたしました

世界史を選択された方だったらご存じの通り、このアン、
ブーリン家の繁栄のために時の国王ヘンリー8世に取り入り、
まんまとその寵愛を受けるまでになるのですが、
ヘンリーには正妻がおり、どう頑張っても愛人止まり
捨てられない確約を得るために、夫妻を離婚させようとします
ですがそこは厳しいキリスト教の国
離婚なんて認められるはずがありません
アンはヘンリーを唆し、英キリスト教会をローマから独立させ、
イギリス国教として唯一無二の宗派にしてしまうのです
めでたく正妻へと登り詰めるのですが、世継ぎ(王子)に恵まれず、
ヘンリーはまたほかの女(ジェーン・シーモアですね)へと移ろい、
近親相姦の罪を着せられ斬首、と

ここまではボクも知っていたのですが、実はこのアンには姉妹
(諸説ありますがこの映画では妹)のメアリーがいて、
実はヘンリーはアンより先にこの妹に手をつけ王子を産ませます
アンは「黒髪、色黒、小柄、やせ形」であったのに対して
メアリーは「金髪、色白、豊満」の当時の典型的な美女だった
・・・とされますから、まあ当たり前か
アンは妹に嫉妬して、妹とその嫡子を私生児として田舎に追放して
その後釜に座り、前述のお話へとつながるのですが、
なんと言ってもこの映画の登場人物、ホントとんまです
おおよそ理解ができません
ツッコミどころは満載なのですが、まず、
①アンの嫉妬心、尋常じゃありません
実の妹にそこまでするか?というところまでメアリーを追いつめます
そして、
②メアリーのお人好度、これも尋常じゃないです
あそこまでされて、姉を許すか?
③そもそもの元凶、ヘンリーはいつ執務をしてるのか?

そもそも時代背景が全く今とは異なりますから、
ものの常識非常識の尺度が、今のそれとは
比べものにはならない事は理解できます
しかも映画ですから、多少の脚色はモチロンされているでしょう
にしてもです
こんな桃色王室に統治される国民たちの憂慮たるや・・・
そりゃアン、民衆に「魔女!」とか言われちゃうはずです


そしてなにより、アンが弟ジョージに同衾を求めるシーン
そこまで追いつめられていたとはいえ、④姉弟でヤル?
そしてなによりなにより、アン
b0164697_1112522.jpg

ブスにもほどがあります
⑤なぜにヘンリーが夢中になったのか

ヘンリー
ウィキには、「イングランド王室史上最高のインテリ」とあります
b0164697_1152317.jpg

割とイケメンなのに、ねえ


アンを演じたのはナタリー・ポートマン、メアリーはヨハーレット、
じゃなくてスカーレット・ヨハーソン
ふたりともまったくイギリス系じゃないんですよね
これって、どうなんでしょう、いつも思うのですが、
イギリスのヒトがこの映画を見た時に、
日本人が抱いたサユリをチャン・ツィーが演じた時の違和感を
やっぱり持つのでしょうか⑥

・・・疑問は次々起こるばかりです


物語のクライマックス、
姉弟ふたりの処刑を見届けるメアリーの表情の中に、
ほんの少しですが
復讐をとげた安堵ともとれるため息をついているように見えました
唯一ボクが共感できたシーンだったのですが、
そう見えたのはひょっとして、ボクが些少だからでしょうか


「ブーリン家の姉妹」
深くお話を追わずに、
衣装とセットを美しい登場人物を眺めるのがお奨めです
[PR]
by koyasuzuki | 2009-04-20 11:25 | 映画・アニメ・海外ドラマ
<< 訂正とお詫び カナダからの手紙 >>